コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道関数 きどうかんすうorbital function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軌道関数
きどうかんすう
orbital function

量子力学において原子分子に一体近似を用いると,電子波動関数を空間部分とスピン部分に分離できる。このうち空間部分を軌道関数という。軌道関数は,その2乗の絶対値が電子を単位体積に見出す確率を表わし,前期量子論における原子核のまわりの電子軌道 (オービット) に対応するので,これと区別する意味でオービタルとも呼ばれる。原子核のまわりの電子軌道関数はシュレーディンガー方程式を解いて得られる。通常は水素原子のシュレーディンガー方程式から得られる軌道関数を 1s,2s,2px,2py,… と書く。ここで1,2,…は主量子数といい,電子のエネルギー準位の大枠を規定する。S,P,…は方位量子数といい,各主量子数に付属して,エネルギー準位のサブグループを分類する指標となる。このような原子軌道関数は,分子に対しては分子オービタル (分子軌道関数) と呼ばれ,分子の中の電子の空間分布を与えるので,分子の構造や結合の強さなど,分子の性質を知るうえで基本となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きどう‐かんすう〔キダウクワンスウ〕【軌道関数】

原子や分子における電子の運動状態を記述する波動関数。この絶対値の2乗はある位置における電子の存在確率を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きどうかんすう【軌道関数】

原子・分子・結晶の中の電子の運動状態を、量子力学を用いて空間的な広がりとして表したもの。その2乗の絶対値が存在確率を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軌道関数の関連キーワードスレータータイプオービタルスレーター‐ポーリング法スレーター行列式バン・ブレックスレーター則原子価結合法ポーリング分子軌道法有機反応論軌道電子量子力学電子配置広がり周期律σ結合

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android