スワッビング(英語表記)swabbing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワッビング
swabbing

自噴誘導法の一種。坑内の泥水などの液柱を汲出して自噴しやすくしてやること。通常の油井やガス井で,それ自身の圧力で噴き出す能力 (自噴能力) を有するものであっても,坑井を掘上げたままの状態では自噴しないことが多いためこの方法がとられる。また,掘削作業中にビット取替えなどのために坑井内のドリル・パイプを引上げるときにも,これを急激に行うとスワッビング状態となり,油やガスが噴出して思わぬ災害となることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android