コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワップ スワップ swap

翻訳|swap

5件 の用語解説(スワップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スワップ(swap)

取り替えること。交換。
コンピューターで、メモリーに収まりきらない情報を一時的に記憶装置に書き出し、必要に応じて、メモリー内の情報と交換すること。
スワップ取引」の略。
スワッピング」に同じ。
スワップ‐ポイント」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FX用語集の解説

スワップ

取引をした2通貨の金利差を表します。高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で受取になり、逆の場合は支払いになります。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

スワップ【swap】

仮想メモリー技術のひとつ。ハードディスク上にスワップファイル呼ばれる保存領域を用意し、メインメモリー上にある優先順位の低いデータを一時的にハードディスク上に移すこと。これにより、メインメモリー上に新たに使用可能な記憶領域を確保できる。◇「スワッピング」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スワップ【swap】

〔交換する意〕
コンピューターで扱っている情報の一部を一時的に他の記憶装置に転送し、再び必要になったときに戻す操作。
夫婦交換。スワッピング。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スワップの関連キーワードデリバティブ金融派生商品天候デリバティブデリバティブ取引金融商品インターコンチネンタル取引所為替デリバティブデリバティブ(Derivatives)派生商品(Derivatives)ウェザー・デリバティブ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スワップの関連情報