コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワンカローク

デジタル大辞泉の解説

スワンカローク(Sawankhalok)

タイ中北部の都市スコータイ近郊の町。市街中心部の北約40キロメートル、ヨム川沿いに位置する。米、綿、トウモロコシを産する。スコータイ朝時代には周辺のシーサッチャナライをはじめ、中国から陶磁器の製法技術がもたらされて窯業が盛んになり、日本にも宋胡録(すんころく)の名で磁器が伝来した。サワンカローク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスワンカロークの言及

【宋胡録焼】より

…日本におけるタイ陶磁の総称。主産地であるタイ中部のスワンカロークSwankhalok(またはサワンカロークSawankhalok)の名から転じたという。実際には窯はスワンカローク市の北方60kmのスリサッチャナライ市近郊にあり,いくつかの村にわたって145基の窯址が確認され,大規模な窯群が形成されていたことが知られる。…

※「スワンカローク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スワンカロークの関連キーワード宋胡録・寸古録タイ(国)宋胡録焼陶芸青磁

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android