スーパー台風(読み)スーパータイフウ

デジタル大辞泉の解説

最大風速が毎秒65メートル(130ノット)以上の極めて強い台風。米軍合同台風警報センターが用いる台風の階級で最も強い区分にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

米軍合同台風警報センター(JTWC)による台風の階級で最も強い区分にあたる、最大風速が毎秒67メートル(130ノット)以上の台風。日本における明確な定義はないが、気象庁の台風の階級で最も強い、最大風速が毎分54メートル(105ノット)以上の「猛烈な台風」がほぼこれに該当する。2018年、東京都は日本に上陸した台風としては過去最大級とされる1934年室戸台風と同等の910ヘクトパスカルの台風を「我が国既往最大規模の台風」と設定し、その上陸によって引き起こされる最大規模の高潮想定を公表している。

(2018-4-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパー台風の関連情報