スーパー台風(読み)スーパータイフウ

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐たいふう【スーパー台風】

最大風速が毎秒65メートル(130ノット)以上の極めて強い台風。米軍合同台風警報センターが用いる台風の階級で最も強い区分にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

スーパー台風

米軍合同台風警報センター(JTWC)による台風の階級で最も強い区分にあたる、最大風速が毎秒67メートル(130ノット)以上の台風。日本における明確な定義はないが、気象庁の台風の階級で最も強い、最大風速が毎分54メートル(105ノット)以上の「猛烈な台風」がほぼこれに該当する。2018年、東京都は日本に上陸した台風としては過去最大級とされる1934年室戸台風と同等の910ヘクトパスカルの台風を「我が国既往最大規模の台風」と設定し、その上陸によって引き起こされる最大規模の高潮の想定を公表している。

(2018-4-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパー台風の関連情報