コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイボルト粘度計 セイボルトねんどけいSaybolt viscometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイボルト粘度計
セイボルトねんどけい
Saybolt viscometer

油類の粘度 (粘性係数) を測定する工業用粘度計の一種で,アメリカの G.M.セイボルトの考案になる。おもにアメリカで普及し,日本でも石油製品の試験に使用される。円筒形の容器に規定量の試料を入れ,下部の流出孔より 60ml流出する時間 (秒単位) をもって粘度を表わす。流出孔には,粘度が 217cSt (センチストークス) 以上の液に用いられるフューロール型と,低粘度 (2~217cSt) 用のユニバーサル型の2種があり,それぞれ,セイボルト・フューロール秒とセイボルト・ユニバーサル秒と呼ばれる。 JISでは動粘度 (動粘度係数) を用いることになっているが,これらのセイボルト秒より換算できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報