コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウショウロ

百科事典マイペディアの解説

セイヨウショウロ

トリュフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイヨウショウロ

トラッフル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイヨウショウロ
せいようしょうろ / 西洋松露

子嚢(しのう)菌類、セイヨウショウロ目セイヨウショウロ科チュベル属Tuberの地下生のキノコをいい、担子菌類のショウロとは無縁である。チュベル属には約30種が記録されているが、一般にジャガイモ形で、内部に迷路状に走る狭いすきまがあり、その中に子嚢胞子をつくる。胞子は楕円(だえん)形、褐色を呈し、表面に細かい突起または網形の彫刻模様を帯びるものが多い。ナラ類、カンバ・シデ類などの根に菌根をつくるキノコであるため、マツタケ同様に栽培は容易でない。強烈な香りを放つが、ヨーロッパ諸国では古くからトリュフtruffe(フランス語)、トラッフルtruffle(英語)の名で高級料理に用いられてきた。日本でもトリュフ、ツラフなどの名でよばれることが多い。とくに料理用として珍重されるのは次の2種である。
(1)ペリゴール・トリュフtruffe du Prigord/Tuber melenospermum Vitt. ペリゴールとはフランス南西部にある地方名で、この地域の名産として名づけられた。生(なま)のときは暗褐色であるが、煮ると黒くなるため「黒トリュフ」ともいわれる。きわめて高価なことから「黒いダイヤモンド」の愛称もある。石灰岩地帯のナラ林に生える。フランス料理で名高いフォアグラには欠かせないキノコである。
(2)ピエモンテ・トリュフPiedmont truffe/T. magnatum Vitt. ピエモンテとはイタリア北西部にある地方名。色が淡いので「白トリュフ」の名もある。風味はペリゴール・トリュフに劣らず、高級イタリア料理に用いられる。
 両種のほかに、夏トリュフT. aestivum Vitt.、冬トリュフT. brumale Vitt.も珍重される。これらのトリュフはいずれも地下生で目に触れないため、ヨーロッパでは、訓練されたブタやイヌを使って探り当てる。イタリアには、トリュフ採集のためのイヌを訓練する学校がある。
 日本ではこの種のキノコ(セイヨウショウロ)が長い間みつからなかったが、近年1、2種が発見されている。しかし、きわめてまれで食用にもされていない。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセイヨウショウロの言及

【トリュフ】より

…セイヨウショウロともいう。キャビア,フォアグラとともに世界の三大珍味といわれている,子囊菌類セイヨウショウロ科の地下生キノコの総称。…

※「セイヨウショウロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セイヨウショウロの関連キーワードフランス料理ツチダンゴフォアグラ子嚢菌類ショウロ西洋松露子嚢果

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android