コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウスグリ(西洋酸塊) セイヨウスグリRibes uva-crispa; gooseberry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイヨウスグリ(西洋酸塊)
セイヨウスグリ
Ribes uva-crispa; gooseberry

ユキノシタ科の落葉低木で,ヨーロッパから北アフリカ,および西南アジアにかけて自生する。日本には明治初期に渡来し,各地で栽培されている。高さ 1m足らずでよく分枝し,葉腋に単一または3枝に分れたとげがある。葉はほぼ円形で浅く3~5裂し,縁にはあらい鋸歯がある。花は白色または淡緑色の小さな5弁花で,4~5月頃,葉腋に垂れ下がってつく。果実はスグリ類中最大で,径 1cm内外の球形になる。黄緑色に熟し芳香と酸味があり,生食のほかジャムやゼリーにする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セイヨウスグリ(西洋酸塊)の関連キーワードスグリ(酸塊)ユキノシタ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android