セイヨウスグリ(西洋酸塊)(読み)セイヨウスグリ(英語表記)Ribes uva-crispa; gooseberry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキノシタ科の落葉低木で,ヨーロッパから北アフリカ,および西南アジアにかけて自生する。日本には明治初期に渡来し,各地で栽培されている。高さ 1m足らずでよく分枝し,葉腋に単一または3枝に分れたとげがある。葉はほぼ円形で浅く3~5裂し,縁にはあらい鋸歯がある。花は白色または淡緑色の小さな5弁花で,4~5月頃,葉腋に垂れ下がってつく。果実はスグリ類中最大で,径 1cm内外の球形になる。黄緑色に熟し芳香酸味があり,生食のほかジャムやゼリーにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android