単一(読み)タンイチ

  • たんいつ

デジタル大辞泉の解説

《「一形乾電池」の略》円筒形の乾電池の中でいちばん大きなもの。「単二」「単三」「単四」と、数字が上がるにつれて小さくなる。→乾電池[補説]
[名・形動]
ただ一つであること。単独であること。また、そのさま。「単一な(の)行動をとる」
そのものだけで、他にまじりもののないこと。複雑でないこと。また、そのさま。「単一な(の)民族による国家」「単一生産」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「単」はユニット‐セルすなわち結晶の意から) 円筒形の乾電池のサイズを示す通称で、いちばん大きいものをさす。「単二」「単三」と数字が上がるほど小さくなる。
〘名〙 (形動)
① ひとつであること。ひとりであること。また、そのさま。
※舎密局開講之説(1869)〈三崎嘯輔訳〉「此単一の要旨、大に諸他に照応する源となれり」
② 複雑でないこと。同じ種類だけで、他にまじりもののないこと。また、そのさま。
※遠西医方名物考(1822)一「硫黄の性質単一無雑にして一個の元素なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単一の関連情報