コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単一 タンイツ

デジタル大辞泉の解説

たん‐いつ【単一】

[名・形動]
ただ一つであること。単独であること。また、そのさま。「単一な(の)行動をとる」
そのものだけで、他にまじりもののないこと。複雑でないこと。また、そのさま。「単一な(の)民族による国家」「単一生産」

たん‐いち【単一】

《「単一形乾電池」の略》円筒形の乾電池の中でいちばん大きなもの。「単二」「単三」「単四」と、数字が上がるにつれて小さくなる。→乾電池補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんいち【単一】

〔単一形乾電池の略〕
円筒形の小型乾電池の中で最も大きいもの。 → 単二単三単四

たんいつ【単一】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
一つ、あるいは一人だけであること。 「 -神」
一種類だけで他のものがまざっていない・こと(さま)。 「 -な物質からなる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単一の関連キーワードユニカメラルシステムマス・マーケティングベッドフォードシャーマルチプレキシングメンデル遺伝性疾患ワンピースボールシングルオリジンメンデル遺伝疾患ワンイシュー政党単一遺伝子性疾患単遺伝子性疾患単一遺伝性疾患単一遺伝子疾患シンプレックス単一民族国家論メンデル遺伝病ウォーキンガムシュミット則単一遺伝子病スウィンドン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単一の関連情報