コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウネズ Juniperus communis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイヨウネズ
Juniperus communis

ヒノキ科の常緑高木で,漢名のトショウ (杜松) の名でも呼ばれる。ヨーロッパ各地からサハリンにかけて広く分布し,丘陵の陽地に生える。枝は横に出て古木では小枝が垂れ下がる。針葉が3枚ずつ輪生し,上面は平らで中央に1本の白い筋がある。雌雄異花で春に開花する。球果は厚肉質で先端に3つの突起があり,初めは緑色,熟すると紫黒色になる。これを杜松子 (としょうし) といい利尿剤にする。またジン (洋酒) の香味をつけるのに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のセイヨウネズの言及

【ネズ】より

…ネズミサシ属は北半球に約15種があり,ビャクシン属Sabina約45種をこれに含めることもある。日本には,九州以北サハリンまでの海岸に生える匍匐(ほふく)性のハイネズJ.conferta Parl.,本州北部の高山に生える低木性のミヤマネズJ.communis L.var.nipponica (Max.) Wils.と北海道の高山からシベリアにかけて分布するリシリビャクシンvar.saxatilis Pall.があり,両変種の母種セイヨウネズ(英名common juniper)は北半球に広く分布し,幹が立って,ときに高さ6~7mに達する。その球果を入れた蒸留酒がジンである。…

※「セイヨウネズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セイヨウネズの関連キーワードロッキー山脈アフダル山脈ヒノキ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セイヨウネズの関連情報