セクロピア蚕(読み)セクロピアサン(英語表記)Hyalophora cecropia

  • セクロピア蚕 Hyalophora cecropia

世界大百科事典 第2版の解説

ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。大型のガで開張13~15cm。翅は赤褐色,中央部に白帯があり,中室端に大きな新月型の白紋があって,黒色で縁取られ,前翅外縁の上部には黒紋がある。北アメリカに広く分布している。年1化で,さなぎで越冬する。幼虫は緑色の芋虫で,老熟すると体長10cmに達する。多食性で,サクラそのほか多くの広葉樹の葉を食べる。成虫は春から初夏に出現する。このヤママユガは,北アメリカでごくふつうに見られ,飼育が楽で,しかも大型で取り扱いやすいため実験動物として利用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android