なぞ

精選版 日本国語大辞典「なぞ」の解説

な‐ぞ

[1] 〘連語〙 (「なにぞ」が変化した「なんぞ」の撥音「ん」の無表記) 物や事態を尋ねることば。何か。何事か。どうしたのか。→なぞの
※古今(905‐914)恋一・五〇六「人しれぬおもひやなぞとあしがきのまぢかけれどもあふよしのなき〈よみ人しらず〉」
[2] 〘副〙 疑問・反語の意を表わすのに用いる。どうして。何故に。どういうわけで。
※万葉(8C後)一五・三六八四「秋の夜を長みにかあらむ奈曾(ナソ)ここば寝(い)の寝らえぬもひとり寝(ぬ)ればか」

な‐ぞ

〘副助〙 (「なんぞ」の変化したもの) =など(等)
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「肉かなんぞを煮たかなぞをかけたぞ」
蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「男が女に催馬楽を贈ったり、女がそれをで唄ったり、浅香と云ふ乳母がお姫様のあとを追って苦労をしたりするのなぞは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「なぞ」の解説

なぞ[副助]

[副助]《「なんぞ」の音変化》副助詞「なんぞ」に同じ。「そばなぞ取ろうか」「医者になぞ行くもんか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android