コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスクロ遺跡 セスクロいせきSesklo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セスクロ遺跡
セスクロいせき
Sesklo

ギリシアのテッサリア地方にある新石器時代の遺跡。セスクロ文化の標準遺跡である。セスクロ文化はこの地域の初期新石器文化である先セスクロ文化に次いで現れ,白地の上に赤で幾何学文様を描く彩文土器によって,特徴づけられている。ギリシアの新石器文化は解明がまだ進んでおらず,アナトリアと東ヨーロッパをつなぐ重要な位置にありながら,その接点の解明を十分に果すことができない。セスクロにもアナトリアもしくはメソポタミア起源と考えられる遺物が出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セスクロ遺跡の関連キーワードスタルチェボ文化オチャキ遺跡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android