セチェン・ホンタイジ(英語表記)Sechen Qong Tayiji; Qutughtai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セチェン・ホンタイジ
Sechen Qong Tayiji; Qutughtai

[生]1540
[没]1587
明代のモンゴルの首領。本名フトゥクタイ。ダヤン・ハン (達延汗) の曾孫でオルドス部のグン・ビリク・ジノンの孫,ノヤングラ・ジノンの甥。アルタン (俺答) の賢明な助言者。 1562年イルティシュ河畔にトルグートを破り,66年チベットを侵し,70年明から指揮僉事を授けられ,73年カザフのアク・ナザル・ハンを破り,その帰途バートットを略奪。 75年オルドスに帰還,76年アルタンにチベットのダライ・ラマ3世の招請をすすめ,77年青海の南のチャブチャルにおもむき,78年同地でダライ・ラマと会見した。当時モンゴル随一の教養人で,『エルデニイン・トプチ』 (蒙古源流) の著者サガン・セチェンの曾祖父にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android