コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セチェン・ホンタイジ セチェン・ホンタイジSechen Qong Tayiji; Qutughtai

1件 の用語解説(セチェン・ホンタイジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セチェン・ホンタイジ
Sechen Qong Tayiji; Qutughtai

[生]1540
[没]1587
明代のモンゴルの首領。本名フトゥクタイ。ダヤン・ハン (達延汗) の曾孫でオルドス部のグン・ビリク・ジノンの孫,ノヤングラ・ジノンの甥。アルタン (俺答) の賢明な助言者。 1562年イルティシュ河畔にトルグートを破り,66年チベットを侵し,70年明から指揮僉事を授けられ,73年カザフのアク・ナザル・ハンを破り,その帰途バートットを略奪。 75年オルドスに帰還,76年アルタンにチベットのダライ・ラマ3世の招請をすすめ,77年青海の南のチャブチャルにおもむき,78年同地でダライ・ラマと会見した。当時モンゴル随一の教養人で,『エルデニイン・トプチ』 (蒙古源流) の著者サガン・セチェンの曾祖父にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セチェン・ホンタイジの関連キーワード三木自綱大友宗麟キリシタン肥前国豊前国韓国の自転車普及状況万松寺足利義栄イエズス会ビュデ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone