コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古源流 モウコゲンリュウ

3件 の用語解説(蒙古源流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうこげんりゅう〔モウコゲンリウ〕【蒙古源流】

中国の史書。8巻。サガン=セチェンが1662年に撰したモンゴル民族の興亡史「諸汗の源の宝の史綱」を、1777年、清の乾隆帝の勅によって漢訳したもの。欽定蒙古源流

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もうこげんりゅう【蒙古源流 Měng gǔ yuán liú】

モンゴルの年代記。1662年内蒙古オルドス部の貴族サガン・セチェン・ホンタイジの著作。モンゴル語原題は《エルデニン・トプチ》(宝のつづり)で,中国清朝の乾隆42年(1777)漢訳され《蒙古源流》と題された。仏教思想にもとづくモンゴル族の始祖の話にはじまり,著者の時代までのモンゴル通史を記す。とくに明代モンゴル史研究には,ときに精細な漢文史料にもない独自の記事が見え重要視されている。【原山 煌】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古源流
もうこげんりゅう

エルデニイン・トプチ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone