コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古源流 モウコゲンリュウ

3件 の用語解説(蒙古源流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうこげんりゅう〔モウコゲンリウ〕【蒙古源流】

中国の史書。8巻。サガン=セチェンが1662年に撰したモンゴル民族の興亡史「諸汗の源の宝の史綱」を、1777年、清の乾隆帝の勅によって漢訳したもの。欽定蒙古源流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もうこげんりゅう【蒙古源流 Měng gǔ yuán liú】

モンゴルの年代記。1662年内蒙古オルドス部の貴族サガン・セチェン・ホンタイジの著作。モンゴル語原題は《エルデニン・トプチ》(宝のつづり)で,中国清朝の乾隆42年(1777)漢訳され《蒙古源流》と題された。仏教思想にもとづくモンゴル族の始祖の話にはじまり,著者の時代までのモンゴル通史を記す。とくに明代モンゴル史研究には,ときに精細な漢文史料にもない独自の記事が見え重要視されている。【原山 煌】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古源流
もうこげんりゅう

エルデニイン・トプチ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒙古源流の関連キーワード内蒙古自治区内蒙古蒙古語鄂爾多斯外蒙古蒙古モンゴリアオルドス岩アルタン・トプチ《ネストルの年代記》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone