コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミパラチンスク核実験場 セミパラチンスクかくじっけんじょう

百科事典マイペディアの解説

セミパラチンスク核実験場【セミパラチンスクかくじっけんじょう】

1949年8月29日のソ連最初の原爆実験から1990年10月19日まで,467回の核実験が行われたカザフスタン北東の州セミパラチンスク(1990年代後半セメイに改称)の核実験場。旧ソ連の核実験714回の約65%が同地で行われた。1980年代末ころから,周辺住民の中に癌患者や先天異常児の出産などが多発していることが明らかになり,白血病を含む癌による死亡率はカザフスタンのほかの地区より5倍も高いとされ,10ミリシーベルト以上の放射能を浴びた人は約50万人にのぼるという。1989年9月,カザフ共和国の人びとが核実験反対のグループ〈ネバダ・セミパラチンスク運動〉(NSM)を結成,その3年後には旧ソ連国内に16支部,ベルリンにも1支部をもつ大きな反核運動団体に発展し,報告書《セミパラチンスク実験場概況》を発表している。1995年5月,地下核実験地に放置されていたプルトニウムが永久埋葬され,カザフスタンは非核国となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

セミパラチンスク核実験場の関連キーワード包括的核実験禁止条約

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セミパラチンスク核実験場の関連情報