コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センウセルト[3世] Senusert III

世界大百科事典 第2版の解説

センウセルト[3世]【Senusert III】

古代エジプト第12王朝5代目の王。在位,前1878年ころ‐前1840年ころ。行政改革を断行して地方の世襲大貴族の無力化に成功し,第12王朝創建以来の目標であった王を頂点とする中央集権国家の確立を最終的に達成した。その背景には歴代ファラオの推進したファイユームの干拓と,〈庶民〉の子弟の登用による忠実な官僚の養成の成果に加えて,軍事遠征の成功がある。4回のヌビア親征によってナイル川第2急湍(きゆうたん)南のセムナまで征服し,河畔に設置した八つの要塞群により国境を固め,さらに隊商路確保のため小規模ながら古代エジプト史上初めて南パレスティナに軍事遠征を試みた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセンウセルト[3世]の言及

【エジプト】より

…王に忠実な官僚を養成するため,第1中間期に形成された都市居住の工人層や王に直属する小土地保有民(いわゆる〈庶民〉)の子弟に対し教育を奨励し,文字を習得させた。アメンエムハト1世の方針は,王の暗殺にもかかわらずセンウセルト1世以下の諸王によって受け継がれ,第5代センウセルト3世Senusert IIIの〈行政改革〉の断行により完全な中央集権化に成功する。対外交易も活発で,ビュブロス,クレタ,プント,シナイ半島,ワーディー・ハンマーマートにしばしば通商のための遠征隊が派遣され,王権の経済基盤強化に貢献した。…

【エジプト】より

…王に忠実な官僚を養成するため,第1中間期に形成された都市居住の工人層や王に直属する小土地保有民(いわゆる〈庶民〉)の子弟に対し教育を奨励し,文字を習得させた。アメンエムハト1世の方針は,王の暗殺にもかかわらずセンウセルト1世以下の諸王によって受け継がれ,第5代センウセルト3世Senusert IIIの〈行政改革〉の断行により完全な中央集権化に成功する。対外交易も活発で,ビュブロス,クレタ,プント,シナイ半島,ワーディー・ハンマーマートにしばしば通商のための遠征隊が派遣され,王権の経済基盤強化に貢献した。…

※「センウセルト[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android