センサ(英語表記)sensor

翻訳|sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「センサ」の解説

センサ
sensor

知ろうとする対象の情報を,扱うことのできる信号に変換する素子。具体的には物理量を計測する場合に,その物理量を測定に適した信号に変換する器具の一般名称をいう。人間が視覚,聴覚などによって得られた情報に基づいて行動するように,機械は,機械の感覚器であるセンサにより情報を収集し,収集した物理量を測定可能の信号に変換し,処理を行う。最近の自動機械には,多種類のセンサが用いられている。変換する物理量により,寸法センサ,変位センサ,力センサ,速度センサ,流量センサ,温度センサ,光センサなどに分類される。センサに要求される条件は,高感度,広域動作範囲,目的以外の量に影響されないこと,高速応答,安定な動作,堅固な構造,低価格などである。日常の生活の中で測定の必要度の高い物理量のセンサとしては,温度センサ,光センサ,圧力センサ,ガス,溶液などの組成を調べる化学センサ,磁気センサなどがある。構成する材料の面からセンサを分類すると,物理量の変化による半導体素子の性質の変化を用いる半導体センサ,生体物質を用いるバイオセンサとして,酵素センサ,微生物センサ,免疫センサなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android