コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント=ゴーデンス Saint-Gaudens, Augustus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント=ゴーデンス
Saint-Gaudens, Augustus

[生]1848.3.1. アイルランド,ダブリン
[没]1907.8.3. アメリカ,ニューハンプシャー,コーニッシュ
19世紀アメリカの代表的彫刻家。フランス人の父とアイルランド人の母とともに幼くしてアメリカに渡る。最初ニューヨークのカメオ製作者のもとで修業し,その後クーパー・ユニオン美術工芸学校,ナショナル・アカデミー・オブ・デザイン,さらに 1867~70年にはパリのエコール・デ・ボザールに学ぶ。 70~74年ローマに滞在し新古典主義に深く影響される。 75年以降ニューヨークに定住し,80年,最初の受注作『ファラガット提督記念像』を制作。代表作は『ダイアナ』 (1892,フィラデルフィア美術館) ,『リンカーン坐像』 (1907,シカゴ,グラント・パーク) ,『嘆き』 (ワシントン D.C.,ロック・クリーク墓地) など。またアメリカのコインをデザインした。晩年を過したコーニッシュヒルズのアトリエは,彼の記念美術館となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セント=ゴーデンスの関連キーワードニューハンプシャー州マクモニズ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android