セント・ローレンス湾(読み)せんとろーれんすわん(英語表記)Gulf of Saint Lawrence

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ローレンス湾
せんとろーれんすわん
Gulf of Saint Lawrence

北アメリカ東部、大西洋岸の大湾。カナダ東部、セント・ローレンス川河口と大西洋との間に位置する。湾口北東部にニューファンドランド島、南西にノバ・スコシア州ケープ・ブレトン島があり、この間のカボット海峡、カナダ本土のラブラドルとニューファンドランド島間のベル・アイル海峡、ケープ・ブレトン島とカナダ本土間のカンソー海峡により大西洋に通ずる。南北約800キロメートル、東西約400キロメートル。湾内にアンティコスティ島プリンス・エドワード島、マグダレン島がある。霧が多く、冬季は流氷に覆われ、航行可能なのは4~12月である。グランド・バンクスにつながる重要な漁場である。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android