コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティコスティ島 アンティコスティとう Ile Anticosti

2件 の用語解説(アンティコスティ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンティコスティ島
アンティコスティとう
Ile Anticosti

カナダ,ケベック州セントローレンス湾にある島。長さ 217km,幅 48km,面積 7881km2の低平な島で,広いモミ林がみられる。ジャックカルティエにより 1534年に発見され,アソンプション島と名づけられたが,17世紀からは,インディアンの言葉で「クマのとれるところ」の意の現在の名称になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティコスティ島
あんてぃこすてぃとう
Anticosti Island

カナダ東部、ケベック州、セント・ローレンス川が同名の湾に注ぐ部分にある島。面積7881平方キロメートル。人口419(1971)で、ほとんどが製材業に従事している。1895年に森林開発が始まったが、それまでは無人島であった。1534年、フランス人航海者ジャック・カルチエにより発見され、初めはアソンプションAssomption島と名づけられた。現在の島名はインディアンのことばからきている。1763年にフランスからイギリスに割譲され、ニューブランズウィック州に所属していたが、1774年からケベック州の所属となった。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンティコスティ島の関連キーワードケベック党セントローレンス川マドレーヌ諸島ケベック連合シャルルボワトロワリビエールオルレアン島戦場公園セント・ローレンス湾ロワー・カナダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone