コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カボット海峡 カボットかいきょうCabot Strait

2件 の用語解説(カボット海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カボット海峡
カボットかいきょう
Cabot Strait

カナダ東部,ニューファンドランド島とケープブリトン島との間にある海峡。最狭部で 120km。湾奥のアンティコスティ島に向かって大陸棚を深く刻んで延びる。15世紀末のイタリアの航海者ジョバンニ・カボート(英語名ジョンカボット)にちなんでこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カボット海峡
かぼっとかいきょう
Cabot Strait

カナダ、ニューファンドランド州(北側)レイ岬と、ノバ・スコシア州(南側)ケープ・ブレトン島ノース岬との間にある、大西洋セント・ローレンス湾をつなぐ海峡。幅約100キロメートル。1497年にジョバンニ・カボートが発見した。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone