コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ゴーデンズ Augustus Saint‐Gaudens

世界大百科事典 第2版の解説

セント・ゴーデンズ【Augustus Saint‐Gaudens】

1848‐1907
アメリカ19世紀後半の代表的彫刻家。幼いころアイルランドのダブリンからニューヨークに移民。パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に学んだ後,イタリアでルネサンス彫刻に触れ,1874年に帰国。まもなく手堅い自然主義的手法で頭角を現し,80年ごろから彫刻界の指導的地位を占める。肖像彫刻と記念碑の仕事を数多く手がけ,ニューヨーク,ボストン,ワシントンなどに公共的な作品を残す。【桑原 住雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セント・ゴーデンズの関連キーワード一八四八年の革命ルーマニア文学[各個指定]工芸技術部門三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android