コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼノロジー Xenology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼノロジー
Xenology

キセノロジーともいう。隕石や地球大気に含まれるキセノン Xe の同位体 ( 124Xe ,126Xe ,128Xe ,129Xe ,130Xe ,131Xe ,132Xe ,134Xe ,136Xe の9種類がある) 存在比を実験的,理論的に研究する学問分野。 J.レイノルズが Richardton隕石においてキセノン 129が異常濃縮していることを発見 (1960) したことから,キセノンの同位体比の研究,ゼノロジーの重要性が広く認められるようになった。特にキセノン 129の異常濃縮は消滅核種のヨウ素 129の放射壊変による成分を含んでいるので,これを研究することによって元素の原子核合成時から隕石の形成されるまでの時間を推定できる。 (→アイソトープ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報