消滅核種(読み)しょうめつかくしゅ(英語表記)extinct radionuclide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「消滅核種」の解説

消滅核種
しょうめつかくしゅ
extinct radionuclide

かつては天然に存在していた放射性核種で,現在では崩壊によって検出不可能な量にまで減少していると考えられる核種。たとえばヨウ素 129は原始太陽系には存在したと考えられる (隕石中にヨウ素 129の放射壊変によって生じたと考えられるキセノン 129が存在するので) が,現在では自然界にヨウ素 129は発見されない。これはヨウ素 129の半減期が 1700万年と太陽系の年齢 46億年に比べて短いため,ヨウ素 129はほとんどすべて放射壊変してキセノン 129になったものと考えられる。現在はウラン 235 (半減期は7億年) ,プルトニウム 244 (半減期は 8000万年) ,サマリウム 147,鉛 205,ウラン 236,キュリウム 247,パラジウム 107などの壊変生成物や壊変の痕跡を検出する試みがいろいろ行われている。これらの研究は,元素が宇宙で合成されてから太陽系ができるまでの時間を推定するのに役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android