ゼヤ川(読み)ぜやがわ(英語表記)ЗеяZeya 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼヤ川
ぜやがわ
Зея Zeya 

ロシア連邦の極東部、アムール川左岸の支流。スタノボイ山脈の南斜面を源流とし、アムール・ゼヤ台地を南流する。スバボドヌイを経て、アムール州の州都ブラゴベシチェンスクでアムール川に合流する。長さ1242キロメートル、流域面積23万3000平方キロメートル。中流にあるゼヤ市まで航行が可能であり、おもに木材が運搬される。可航期間は年間約160日である。11月初めから5月初めまで結氷する。ゼヤ市の上流に発電用のダムがある。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android