コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼラフシャン山脈 ゼラフシャンさんみゃくZeravshansky khrebet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼラフシャン山脈
ゼラフシャンさんみゃく
Zeravshansky khrebet

中央アジア,ウズベキスタン,タジキスタン両国にまたがる山脈。ゼラフシャン川の南に,川に沿って東西に延びる。全長約 370km。最高峰チムタルガ峰 (5489m) 。主として結晶質の頁岩と石灰岩から成り,斜面は疎林と山地ステップにおおわれ,高地では高山草原,岩壁地帯になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゼラフシャン山脈の関連キーワードギッサール山脈ホジェント州

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android