コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼラフシャン山脈 ゼラフシャンさんみゃく Zeravshansky khrebet

1件 の用語解説(ゼラフシャン山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼラフシャン山脈
ゼラフシャンさんみゃく
Zeravshansky khrebet

中央アジア,ウズベキスタンタジキスタン両国にまたがる山脈。ゼラフシャン川の南に,川に沿って東西に延びる。全長約 370km。最高峰チムタルガ峰 (5489m) 。主として結晶質の頁岩と石灰岩から成り,斜面は疎林と山地ステップにおおわれ,高地では高山草原,岩壁地帯になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼラフシャン山脈の関連キーワードウズベク石国トルキスタン東パキスタンウズベキスタン暴動花剌子模パキスタニーアム・ダリヤ[川]ゼラフシャン[川]タジク語

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone