中央アジア(読み)ちゅうおうアジア

百科事典マイペディア「中央アジア」の解説

中央アジア【ちゅうおうアジア】

広義にはユーラシア大陸中央部,ゴビ砂漠からカスピ海に至る地域をさし,さらに西アジアの一部も含めることもあるが,狭義には,トルキスタンと呼ばれる地域をさす。政治上は,旧ソ連の5共和国(カザフスタントルクメニスタンウズベキスタンタジキスタンキルギス)と中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区を中核として,アフガニスタン,モンゴルなどにまたがる。中央のパミール高原で東西に2分され,東部はサヤン山地天山山脈崑崙(こんろん)山脈があり,その間にタリム盆地などの盆地がある。西部はトゥラン低地が広がる。東西で地形上はかなりの相違があるが,一般に内陸河川,塩湖が多い。気候は大陸性で,乾燥。広大な面積のわりに人口は少ない。民族は複雑であるが,トルコ系イスラム教徒が多い。古来東西交通の要地でシルクロードが貫通,モンゴルをはじめ,遊牧民族の活躍の舞台であった。10世紀ころから共通の歴史・文化圏を形成しており,18世紀以降はロシアと清の二大勢力によって支配された。この地域の埋もれた文化を発掘したA.スタイン,S.ヘディンらの調査,探検は著名。 旧ソ連の中央アジア5国は1924年の民族的境界画定による人為的国境で区切られたため,民族集団が分断あるいは統合されたりしており(例えばタジク人の圧倒的に多いブハラサマルカンドをウズベキスタンに編入),またロシア人をはじめ外来の民族が多数定住するという複雑な民族構成をかかえている。さらにソ連時代以来,農業集団化や遊牧民定住化政策がもたらした歪みに加えて,綿作モノカルチャー的な産業構造に象徴される経済的自立性の弱さも,各共和国が独立した今日あらためて克服すべき課題となっている。一方,中国の新疆ウイグル自治区となっている東トルキスタンでも事情は似ており,漢族の大量入植も見られ,旧ソ連中央アジア諸国の独立にともなってトルキスタン・ナショナリズムの機運が高まっている。
→関連項目アジア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「中央アジア」の解説

中央アジア
ちゅうおうアジア
Central Asia

アジア大陸の内奥部で,その範囲は曖昧であるが,普通,パミール高原を中心とする東西トルキスタンをいう。東トルキスタンは中華人民共和国のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区,西トルキスタンはウズベキスタン,キルギス,タジキスタン,トルクメニスタンの4国になっている。気候は大陸的で寒暑の差が激しく,雨量がきわめて少なく,砂漠や半砂漠が多い。中央アジアの南西部 (コペト・ダグ北麓) は農耕文化の発生地の一つで,水の便のよいところでは人工灌漑に基づく農業が発達し,都市文化が栄えた。他方,砂漠や半砂漠では遊牧民が生活し,独自の文化を発達させた。これら農業,遊牧の2文化が中央アジア文化の根幹となっている。中央アジアは古くから東アジアと西アジアとの交通路を占めていたので,東西文化交流の場として大きな歴史的意義をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「中央アジア」の解説

ちゅうおう‐アジア チュウアウ‥【中央アジア】

(アジアはAsia) ユーラシア大陸中央部の乾燥地帯。西はカスピ海、北はシベリア平原、東はアルタイ山脈、南はヒンズークシ・崑崙(こんろん)両山脈に囲まれた、パミールを中央とする地域をさす。古代から遊牧とオアシス農業、シルクロードによる隊商の中継貿易が行なわれ、数多くの国家が交替。現在は中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、カザフスタン・ウズベキスタン・キルギス・トルクメニスタン・タジキスタンの五か国、アフガニスタンの北部とに分かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「中央アジア」の解説

中央アジア
ちゅうおうあじあ

アジア大陸内陸部の地域名。その範囲はかならずしも一定していないが、一般にパミール高原を中心として、東はタリム盆地から西はカザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンの5共和国を含む。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「中央アジア」の解説

ちゅうおう‐アジア〔チユウアウ‐〕【中央アジア】

ユーラシア大陸中央部の内陸地域。乾燥地帯。一般に、カザフスタンウズベキスタントルクメニスタンタジキスタンキルギス各共和国および中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区にまたがる地域をいう。中世まで東西交易の中継地として栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「中央アジア」の解説

ちゅうおうアジア【中央アジア Central Asia】

中央アジアとは,〈アジアの中央部〉を意味する漠然とした用語である。したがって,アジアの〈中央部〉をどこと考えるかによって,この用語の含む地理的範囲は変化する。すなわち広義には,東・西トルキスタンのほかに,カザフ草原,ジュンガル草原チベットモンゴリア,アフガニスタン北部,イラン東部,南ロシア草原を含み,その内容は〈内陸アジア〉という用語の内容とほぼ一致する。これに対して狭義には,東・西トルキスタンのオアシス定住地帯のみを指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android