コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジア ちゅうおうアジアCentral Asia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央アジア
ちゅうおうアジア
Central Asia

アジア大陸の内奥部で,その範囲は曖昧であるが,普通,パミール高原を中心とする東西トルキスタンをいう。東トルキスタン中華人民共和国のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区,西トルキスタンはウズベキスタンキルギスタジキスタントルクメニスタンの4国になっている。気候は大陸的で寒暑の差が激しく,雨量がきわめて少なく,砂漠や半砂漠が多い。中央アジアの南西部 (コペト・ダグ北麓) は農耕文化の発生地の一つで,水の便のよいところでは人工灌漑に基づく農業が発達し,都市文化が栄えた。他方,砂漠や半砂漠では遊牧民が生活し,独自の文化を発達させた。これら農業,遊牧の2文化が中央アジア文化の根幹となっている。中央アジアは古くから東アジアと西アジアとの交通路を占めていたので,東西文化交流の場として大きな歴史的意義をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐アジア〔チユウアウ‐〕【中央アジア】

ユーラシア大陸中央部の内陸地域。乾燥地帯。一般に、カザフスタンウズベキスタントルクメニスタンタジキスタンキルギス各共和国および中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区にまたがる地域をいう。中世まで東西交易の中継地として栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中央アジア【ちゅうおうアジア】

広義にはユーラシア大陸中央部,ゴビ砂漠からカスピ海に至る地域をさし,さらに西アジアの一部も含めることもあるが,狭義には,トルキスタンと呼ばれる地域をさす。政治上は,旧ソ連の5共和国(カザフスタントルクメニスタンウズベキスタンタジキスタンキルギス)と中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区を中核として,アフガニスタン,モンゴルなどにまたがる。
→関連項目アジア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうアジア【中央アジア Central Asia】

中央アジアとは,〈アジアの中央部〉を意味する漠然とした用語である。したがって,アジアの〈中央部〉をどこと考えるかによって,この用語の含む地理的範囲は変化する。すなわち広義には,東・西トルキスタンのほかに,カザフ草原,ジュンガル草原,チベット,モンゴリア,アフガニスタン北部,イラン東部,南ロシア草原を含み,その内容は〈内陸アジア〉という用語の内容とほぼ一致する。これに対して狭義には,東・西トルキスタンのオアシス定住地帯のみを指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうアジア【中央アジア】

ユーラシア大陸の中央部にある乾燥地帯。カザフスタン・ウズベキスタン・キルギス・トルクメニスタン・タジキスタンの五共和国に当たる。古来、遊牧・オアシス農業・中継貿易が行われ、多くの国家が興亡した。広義には、新疆ウイグル自治区・モンゴル・チベットも含める。西トルキスタン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央アジア
ちゅうおうあじあ

アジア大陸内陸部の地域名。その範囲はかならずしも一定していないが、一般にパミール高原を中心として、東はタリム盆地から西はカザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンの5共和国を含む。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中央アジアの関連キーワードセントラル・エイジアン・シープドッグスヴェン・A. ヘディンクタイバ・ブン・ムスリムグール・ハン(葛児汗)ウスチ・カメノゴルスクユーラシア経済共同体シュナク・クレーターチーリ・クレーターキダーラ(寄多羅)新疆ウイグル自治区アクチュビンスクタシケントタワークラスノボーツクアウリエ・アタハンティントンEurAsECレニノゴルスクザイサン[湖]西域土地人物略ウイグル自治区

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央アジアの関連情報