コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼラフシャン川 ゼラフシャンがわ reka Zeravshan

2件 の用語解説(ゼラフシャン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼラフシャン川
ゼラフシャンがわ
reka Zeravshan

中央アジアタジキスタンウズベキスタン両国を流れる内陸河川。全長 877km。流域面積4万 1860km2。タジキスタンのアライスキー山脈西端の氷河に発し,約 300kmはトゥルケスタン山脈とゼラフシャン山脈の間の渓谷を西流し,ウズベキスタンに入ったあたりで西北西に流れを変えて乾燥した低地に出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼラフシャン川
ぜらふしゃんがわ
Зеравшан Zeravshan 

ウズベキスタン共和国南部とタジキスタン共和国北部にまたがる川。パミール高原のゼラフシャン氷河より流れ出て西流し、キジルクム砂漠南部で消滅する。長さ780キロメートル、流域面積1万2300平方キロメートル。北方への灌漑(かんがい)用分水は、チャルダラ湖の西に一大塩湖アイダルクリАйдаркуль/Aydarkul'湖を形成している。流域には数多くのオアシス都市がみられ、サマルカンド、ブハラなどが有名。紀元前6世紀ごろより、アジア内陸地域の貿易拠点として物資の交流が活発に行われた。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼラフシャン川の関連キーワードウズベク石国トルキスタン東パキスタンウズベキスタン暴動花剌子模パキスタニーアム・ダリヤ[川]ゼラフシャン[川]タジク語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone