コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウル南大門 ソウルなんだいもんSǒul Namdaemun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソウル南大門
ソウルなんだいもん
Sǒul Namdaemun

韓国,ソウル特別市中心街にある朝鮮王朝城門太祖4 (1396) 年に創建された漢陽都城の正門で,崇礼門とも呼ぶ。世宗 30 (1448) 年に改築されたが,1961~63年の解体修理で発見された上梁文などから,成宗 10 (79) 年頃にも大規模な改修工事が行われたことが知られる。木造二層楼門で,中央にアーチ式通路を設けた花崗岩の高い基壇上に建つ。様式は典型的な多包様式 (詰組様) で,もともとは入母屋造であったが,現在は寄棟造に改造されている。朝鮮王朝初期建築を代表するソウル最古の木造建築で,国宝第1号。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソウル南大門の関連キーワード朝鮮建築

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android