コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソゾメノス ソゾメノスSōzomenos, Salamanēs Hermeios

2件 の用語解説(ソゾメノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソゾメノス
ソゾメノス
Sōzomenos, Salamanēs Hermeios

[生]400頃.ガザ近郊ベセレア
[没]450頃.コンスタンチノープル
ビザンチン帝国の教会史家。コンスタンチノープルで弁護士をするかたわら『教会史』 Historia ekklēsiastikē (9巻) を著わし,324~425年までを扱った。同じ教会史家ソクラテスの『教会史』の補足と修正を心がけ,文体的にはこれを上回っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソゾメノス【Sōzomenos】

5世紀前半,キリスト教の教会史家。生没年不詳。パレスティナ出身で,コンスタンティノープルで法律家として活動。教会史家ソクラテスと同じく,エウセビオスを受け継ぎ,《教会史》9巻をギリシア語で著す。時代は323‐425年を扱う。先輩格のソクラテスの《教会史》を利用したが,キリスト教の拡大に関する記述は別の資料を用い,前者より詳しい。公平を期そうとして,教義論争の扱いに問題を残し,後代,異端として非難された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ソゾメノスの関連キーワードライアン・ロクテ萩野公介瀬戸大也インド科学レディー・ガガ交際費水平解像度債権・債務短距離競走舎人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone