ソゾメノス(英語表記)Sōzomenos, Salamanēs Hermeios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソゾメノス
Sōzomenos, Salamanēs Hermeios

[生]400頃.ガザ近郊ベセレア
[没]450頃.コンスタンチノープル
ビザンチン帝国の教会史家。コンスタンチノープルで弁護士をするかたわら『教会史』 Historia ekklēsiastikē (9巻) を著わし,324~425年までを扱った。同じ教会史家ソクラテスの『教会史』の補足と修正を心がけ,文体的にはこれを上回っている。歴史史料としての価値は使用した資料を無批判に引用したことによりそれほど大きいとはいえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソゾメノス【Sōzomenos】

5世紀前半,キリスト教の教会史家。生没年不詳。パレスティナ出身で,コンスタンティノープル法律家として活動。教会史家ソクラテスと同じく,エウセビオスを受け継ぎ,《教会史》9巻をギリシア語で著す。時代は323‐425年を扱う。先輩格のソクラテスの《教会史》を利用したが,キリスト教の拡大に関する記述は別の資料を用い,前者より詳しい。公平を期そうとして,教義論争の扱いに問題を残し,後代,異端として非難された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android