コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公平 コウヘイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐へい【公平】

[名・形動]すべてのものを同じように扱うこと。判断や処理などが、かたよっていないこと。また、そのさま。「公平を期する」「公平な判定」
[派生]こうへいさ[名]
[用法]公平・公正――「商売の利益を公平(公正)に分配する」「評価の公平(公正)を心がける」のように、平等に扱うの意では相通じて用いられる。◇「公平」は「おやつのお菓子を公平に分ける」「公平無私」など、物事を偏らないようにすることに重点があるのに対し、「公正」は「公正な商取引を目指す」のように、不正・ごまかしがないことを主にいう。◇「受験のチャンスは公平に与えられる」では「公平」が適切であり、「行政は常に公正でなくてはならない」では「公正」が適切である。◇類似の語「公明」は「公明選挙」など、多く公的な立場について用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうへい【公平】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
かたよることなく、すべてを同等に扱う・こと(さま)。主観を交えない・こと(さま)。 ↔ 不公平 「 -に分け与える」 「 -を欠く」 「裁判所に-なる沙汰なからんや/即興詩人 鷗外
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の公平の言及

【荘園】より

… しかしこうした請負代官は恣意的な雑事を百姓に課し,利銭をきびしく取り立てるなど収奪を強行することが多く,鎌倉後期以降,これを糾弾する平民百姓たちが下級荘官までまきこんで一揆・逃散し,その罷免を要求して強訴したり,損免を要求して一歩も引かぬ姿勢を示すこともしばしばおこった。年貢・公事が公平(くびよう)とよばれるようになるのもこのころのことである。東国や九州にもそれは確認できるが,とくに畿内周辺を中心とする西国ではこうした動きが顕著で,その中で名主たちを中心に荘内の寺社を精神的支柱とする惣荘(そうしよう),惣郷,惣百姓などの自治的な村落組織が姿を現してくる()。…

※「公平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公平の関連キーワードON THE 5th ヴィレッヂからハーレムまで君子は周して比せず小人は比して周せずレヴュー誕生 夢を創る仲間たち公平理論 エクイティ理論フェアディスクロージャー雪之丞変化 闇太郎懺悔雪之丞変化 第二篇愛するには短すぎる雪之丞変化 完結篇垂直的公平の原則雪之丞変化 前篇世界社会正義の日水平的公平の原則負担公平の原則天道是か非か垂直的公平人事委員会公平委員会トレランスフェアネス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公平の関連情報