ソフィア・アレクセーエブナ(英語表記)Sof’ya Alekseevna

世界大百科事典 第2版の解説

ソフィア・アレクセーエブナ【Sof’ya Alekseevna】

1657‐1704
ロシアのロマノフ朝第2代の皇帝アレクセイ・ミハイロビチの娘。兄フョードル3世のあと幼少の異母弟ピョートル1世即位(1682)を不満とし,宮廷革命で実弟イワン(5世)を併立させ,2人の皇帝の名で政治を行ったが,1689年ピョートル支持派との対立に敗れてノボジェビーチー修道院に閉じこめられた。98年には彼女を擁立する動きがあったため尼僧にされ,生涯を終えた。ピョートル1世のいわば敵役で,その面だけでみられがちであるが,当時のロシア婦人としては高度の教育をうけ,当代随一の教養人でもあった寵臣ゴリツィン公Vasilii V.Golitsyn(1643‐1714)の協力で国内改革と西方諸国との関係強化に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android