ソフェリム(英語表記)soferîm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフェリム
soferîm

書記の意。単数は sōfēr。ヘブライ語動詞 sāfar (書く) に由来。バビロン捕囚期 (前 597~538) には祭司で預言者エゼキエルがイスラエルの民の宗教的,精神的な指導をしたが,彼の死後,これを受継いでトーラー (律法) をイスラエルの民の中心におこうと教育し指導した人々をさす。彼らは律法の教師,犠牲を捧げる祭司の役割を演じ,安息日,祈り,断食などの行事をとりしきった。捕囚期後もパレスチナで活躍したが,プトレマイオス朝セレウコス朝との戦い (前 198) に巻込まれて消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android