コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフロシュネー sōphrosynē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフロシュネー
sōphrosynē

節制」を意味するギリシア語。知識,勇気,正義とともに枢要徳の一つ。特にソクラテスにおいてはソフロシュネーの獲得が倫理上の大きな課題であった。この観念はもともとピタゴラス派のハルモニア (調和) の観念に基づいており,プラトンでも理性によって非理性的部分にある対立を調和する徳を意味した。アリストテレスの場合はこれを快と苦の中間におき,もっぱら飲食の欲の節制の意味に用いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android