ソラータ山(読み)そらーたさん(英語表記)Nevado Sorata

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソラータ山
そらーたさん
Nevado Sorata

南アメリカ、ボリビア・アンデス山脈中の高峰。ラ・パスの北西約90キロメートルに位置する。イヤンプー山(6380メートル)、アンコウマ山(6388メートル)の二つの白雪を頂く峰よりなる。イーマニー山、ワイナ・ポトシ山などとともにアルティプラノ高原の東縁をなすレアル山脈を構成する。山麓(さんろく)の標高2695メートルの谷間には、地方色豊かな祭りと市場が開かれるソラータの町がある。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android