アンコウマ山(読み)あんこうまさん(英語表記)Nevado Ancohuma

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンコウマ山
あんこうまさん
Nevado Ancohuma

南アメリカ、ボリビア・アンデスの高峰。ティティカカ湖の東方約30キロメートルに、イヤンプー山と並んでそびえる。標高6388メートルで、サハマ火山に次ぎボリビア第二の高さをもつ。また、ボリビアのコルディエラ・オリエンタル山脈をつくる下部古生層を貫き、古生代末ないし中生代中期に形成された花崗岩(かこうがん)体よりなる。高度5500メートル前後より上部は万年雪に覆われている。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android