レアル山脈(読み)れあるさんみゃく(英語表記)Cordillera Real

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レアル山脈
れあるさんみゃく
Cordillera Real

南アメリカ、ボリビアアンデス山脈にある同山脈の一支脈。アルティプラノ高原の北東縁をなす。その主部はティティカカ湖東方から南東方向へ走る250キロメートルの区間であるが、北東方へペルー国境に連なるアプロバンバ山脈を含めることもある。イヤンプー山、アンコウマ山、ワイナ・ポトシ山イーマニー山など6000メートル級の高峰が並ぶ。この付近の雪線高度は5500~6000メートルであり、高峰の頂上部は氷河に覆われている。山脈の主体は古生代前期の堆積(たいせき)岩からなるが、高峰群はこれに貫入した花崗(かこう)岩類からなる。西南麓(ろく)にボリビアの事実上の首都ラ・パスがある。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android