ソルゴー(英語表記)sorgo

翻訳|sorgo

大辞林 第三版の解説

ソルゴー【sorgo】

茎や葉を飼料としたり、茎からシロップを製造するモロコシの一群。 → マイロ
飼料用のモロコシの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソルゴー【sorgo】

茎葉を飼料とするために,または茎から甘汁を採るために栽培されるイネ科の一年草。モロコシの1変種とされる。モロコシ(ソルガム)のうち,飼料用に栽培されるものは,子実型ソルガム(穀実用モロコシ),兼用型ソルガム,ソルゴー型ソルガムの3者に分類されるが,その中のソルゴー型ソルガムは草丈が2.4m以上で,茎は太く,多汁質で汁は甘みがあり,中生(なかて)~晩生(おくて)の品種が多い。ソルゴーは本来この品種群の中で,とくに糖分含量が多く,糖みつ,シロップなどの製造にも利用される方向に分化した変種に与えられた名称で,それを日本ではサトウモロコシ,ロゾク(蘆粟)などと呼んでおり,アメリカでもスイートソルガムsweet sorghumを指すことが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のソルゴーの言及

【サトウモロコシ】より

…茎から甘汁を絞り,甘味料として昔から利用されたイネ科の一年草。ロゾク(蘆粟),ソルゴーともいう。子実を食用や飼料にするモロコシの1変種。…

※「ソルゴー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android