コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルトフィンガー型対流 salt finger type convection

1件 の用語解説(ソルトフィンガー型対流の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

ソルトフィンガー型対流

海水中等で、上層ほど水温も塩分も高くなっている安定成層、すなわち水温が成層の安定要因となり塩分が不安定要因になっているが全体としては安定である成 層、の中に生じる対流をいう。対流セルが細長く上下に指のように延びるのでこの名がつけられている。熱の拡散係数が塩分のそれより100倍も大きいため、 時間と共に水温勾配が塩分の勾配よりも速く解消するために起こる。大西洋地中海の入口の近くの地中海水の下部に、この対流によって生じた水温・塩分のス テップ構造が見られるのが、その代表的な例である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソルトフィンガー型対流の関連キーワード亜寒帯水亜熱帯モード水水塊海水温度水温沼井クヌーセンの塩分公式拡散型対流中冷層現場密度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone