コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソールナ Solna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソールナ
Solna

スウェーデン中東部,ストックホルム県の工業都市。首都の北西に隣接し,1948年に市に昇格した。機械,食品などの工業が立地するが,町は古く,12世紀の聖堂,バイキング時代の「ルーン碑文」,墓地などが残る。また,18世紀以来軍学校がおかれているカルルベリ宮殿,ウルリクスダル離宮,5万人を収容できるスポーツ・スタジアムなど特記すべき建造物も多い。人口5万 2402 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソールナの関連キーワードストックホルム

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android