コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連社会学 ソれんしゃかいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連社会学
ソれんしゃかいがく

労働組織論が中心課題である社会学。 1930年代から 60年までのソ連では,社会学はブルジョア科学として認められず,正式には社会学研究は行われなかった。現にソ連の学界においては,社会学の講座はなかった。また年刊の『社会調査研究』以外に社会学専門の雑誌も刊行されていない。しかしスターリン批判以降の 61年,ソ連社会学会が創立され,市民権を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソ連社会学の関連キーワード検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査セプティミウス・セウェルス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android