講座(読み)コウザ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ざ【講座】

(カウ‐)
㋐大学院や大学に置かれる研究・教育のための組織。教授准教授助教講師助手などの人的構成からなる。「仏文学講座を設ける」
㋑大学で行われる講義をまねた形式の講習会や放送番組。「市民講座」「ラジオ講座
㋒大学の講義形式をとって編集した出版物。
(コウ‐) 寺院などで、講師のすわる席。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうざ【講座】

大学の学部構成上の単位。教授のもとに助教授・講師・助手などが配属されて構成される。
大学での講義。また、一定の期間にわたって専門的知識を授ける講習会。 「夏期-」
ある分野についての体系的知識を与えるように編集した出版形式。 「 -日本文学史」
寺院で、講義を行う者の座席。講師の座。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ざ【講座】

〘名〙
[一] (コウ:) 講義座席。講師のすわる席。
霊異記(810‐824)中「明朝(あくるあした)講座に登りて言はく」
[二] (カウ:)
大学院をもつ大学におかれる研究、教授のための組織。学問体系上、一定の独立性を持ち、教授、助教授、助手の人的組織から成る。
※帝国大学令(明治一九年)(1886)一七条「各分科大学に講座を置き教授をして之を担任せしむ」
② 大学で行なわれる講義。
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「講座は哲学史を受け持ってゐて」
③ 一定の主題に従った講義形式をとり、体系的に編成された講習会出版物、放送番組。
※現代史への試み(1949)〈唐木順三〉二「何々文庫、〈略〉何々講座の発行書肆を富ましたのみではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講座の関連情報