コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾロアスター教神殿 ゾロアスターきょうしんでんZoroastrianism palace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾロアスター教神殿
ゾロアスターきょうしんでん
Zoroastrianism palace

ゾロアスター教において,主神アフラ・マズダの子として神格化された聖火を祀り,拝火儀礼を行うための建物。アケメネス朝ペルシアの遺構には,イラン高原のナクシェ・ロスタムの神殿 (→ナクシェ・ロスタム遺跡 ) がある。これは石灰岩の切り石積みで直方体をなし,正面に石造の階段がつく。四隅に柱形,2,3層に見せかけの窓があり,壁面に矩形のくぼみの装飾が施されている。ササン朝時代の基本的形式は,正方形を示す幾何学的な設計で四面にアーチをかけ,スキンチを介して中央にドームを載せたもので,イラン高原各地にみられる。これを中心にした大規模な遺跡もある。アフラ・マズダより王権が授与されたことから,ナクシェ・ロスタムの神殿で王の即位式が行われた。7世紀以降イスラム教に圧倒されたが,イスラム建築に与えた影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゾロアスター教神殿の関連キーワードサーマン朝美術ゾロアスター教トプラクカラ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android