コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイグエン高原(読み)タイグエンこうげん(英語表記)Thai Nguyen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイグエン高原
タイグエンこうげん
Thai Nguyen

ベトナム中部西寄りに連なる高原地帯をさす名称。タイグエンはベトナム語で「西の高原」の意。一般にはベトナム中部高原と呼ばれる。ベトナムとラオス,カンボジア国境を縦走するアンナン山脈がベトナム側へ張出したところにあり,北からコントゥム高原 (平均標高 700~800m) ,ダクラク高原 (600m) ,ラムビエン高原 (1500m) ,ジリン高原 (1000m) の4つの高原に分れる。土壌は玄武岩の分解で生成されたもので,赤茶けた色を呈しており,カリウムやリン酸に富むため,ゴム,タバコ,コーヒーなど工芸作物の栽培に適する。主としてジャライ族,バナ族など少数民族が住むが,人口密度はきわめて低い。主要都市はコントゥム,プレイク,ブオンメトート,ダラト。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android