コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイノエ(鯛の餌) タイノエ Rhexanella verrucosa

1件 の用語解説(タイノエ(鯛の餌)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タイノエ【タイノエ(鯛の餌) Rhexanella verrucosa】

タイ科の魚類の口腔や鰓腔(さいこう)に付着,寄生している小型の等脚目タイノエ科の甲殻類。体は黄色または黄白色をしており,わずかに左右不相称を示し,小判形をしている。雄は体の幅がやや狭いが,雌では広い,体長も雄は1.5cm,雌では3cmくらいと雌雄異形を示しているが,実は雄性先熟雌雄同体である。したがって,雄がのちに雌となって産卵する。幼生は浮遊生活をするが,成体になると完全に寄生生活をする。雌雄が同時に同一宿主に寄生していることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイノエ(鯛の餌)の関連キーワード口腔外科硬骨魚類体腔チダイ軟骨魚類口腔沼田鰻魚虱鯛の餌松原喜代松

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone