コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイノエ(鯛の餌) タイノエRhexanella verrucosa

世界大百科事典 第2版の解説

タイノエ【タイノエ(鯛の餌) Rhexanella verrucosa】

タイ科の魚類の口腔や鰓腔(さいこう)に付着,寄生している小型の等脚目タイノエ科の甲殻類。体は黄色または黄白色をしており,わずかに左右不相称を示し,小判形をしている。雄は体の幅がやや狭いが,雌では広い,体長も雄は1.5cm,雌では3cmくらいと雌雄異形を示しているが,実は雄性先熟雌雄同体である。したがって,雄がのちに雌となって産卵する。幼生は浮遊生活をするが,成体になると完全に寄生生活をする。雌雄が同時に同一宿主に寄生していることも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android