コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイヒミュラー Teichmüller, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイヒミュラー
Teichmüller, Gustav

[生]1832.11.19. ブラウンシュバイク
[没]1888.5.22. ドルハット
ドイツの哲学者。 1867年バーゼル,71年デルパトの各大学教授。 G.ライプニッツ,R.ロッツェ,J.ヘルバルトの影響を受けた。形而上学の立場に立ち,実証主義,経験論に反対し,キリスト教的人格主義を主張した。またアリストテレスの文献研究,特にその術語の研究は著名である。主著『アリストテレス研究』 Aristotelische Forschungen (1867~73) ,『魂の不死』 Über die Unsterblichkeit der Seele (74) ,『愛の本質』 Über das Wesen der Liebe (79) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

タイヒミュラー

生年月日:1832年11月19日
ドイツの哲学者
1888年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

タイヒミュラーの関連キーワードギュンター ラミンアールフォルス生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイヒミュラーの関連情報