コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイミンガサ(大明傘) タイミンガサCacalia peltifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイミンガサ(大明傘)
タイミンガサ
Cacalia peltifolia

キク科の多年草で,中部地方より西の本州に分布する。深山谷間などに生える。は高さ約 1.5mになり,葉は長い柄があって軟らかく,直径 35~60cmの円形で9~14の裂片に深く裂ける。葉柄はこの葉身の中央近くに楯状につく。9~10月頃,茎の上部で多数分枝し,円錐花序に多数の頭状花をつける。各頭花は6個の白い筒状花から成り,総包片黄緑色で5個ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイミンガサ(大明傘)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android