コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイロス(英語表記)TIROS; Television Infrared Observation Satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイロス
TIROS; Television Infrared Observation Satellite

アメリカ最初の実験的な気象観測衛星。1号は 1960年4月にソア=エーブル・ロケットで打上げられた。近地点 690km,遠地点 750kmで,赤道との軌道傾斜は 48度。本体は重さ 122kgの平たい円筒形で,内部に広角と狭角の2台のテレビカメラを積み,周期約 99分で地球の周囲を回りながら雲の写真2万 2900枚を電送してきた。2号 (1960.11.) は,テレビカメラのほか赤外線探知装置を積み,雲の量や成層圏の温度などを詳しく観測。3号 (61.7.) は3ヵ月ほどの間に 50個以上の台風やその子供を発見した。また,4号 (62.2.) はセントローレンス湾の氷や高山の積雪などを探査したので氷衛星とも呼ばれた。 63年 12月には,初めて自動画像送信装置を積んだ8号が打上げられ,自動画像受信所のある国はどこでも写真を受像し,天気予報の資料にできるようになった。こうして 65年7月までに 10個のタイロスがそれぞれ軌道に乗せられ,以後は実用型のエッサ衛星などに引継がれた。なおアメリカはタイロス計画の跡継ぎとして,64年以降はより高級な大型の気象観測衛星ニンバスを打上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android