コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウエガジ Stichaeus nozawae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウエガジ
Stichaeus nozawae

スズキ目タウエガジ科の海水魚。全長 60cmになる。体は細長く,やや側扁する。側線は 1本で,体の背方を走る。背鰭棘条のみからなる。腹鰭は喉位で,小さい。体色黄褐色で,黒褐色のまだら模様がある。背鰭には暗色帯が斜走する。新潟県・青森県以北,オホーツク海まで分布する。普通,底引網刺網で漁獲され,練製品の原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウエガジ
たうえがじ / 田植我侍
mottled shanny
[学]Stichaeus nozawae

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。新潟県以北の日本海、青森県以北の太平洋、オホーツク海、千島列島、沿海州に分布する。体は細長い。近縁種のナガヅカに似るが、口は小さく、上顎(じょうがく)の後縁は目の後ろを越えないこと、目は頭部側面にあることなどで区別できる。また、浅海域にすむ小形のキタタウエガジやニセタウエガジとは体側に数本の不明瞭な横帯と背びれに6本の斜めに走る暗色帯があることで区別できる。この仲間のなかでは比較的大きくなり、体長40センチメートルほどになる。水深200~500メートルの砂泥底にすみ、底引網や底刺網で漁獲される。練り製品の原料として利用される。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タウエガジの関連キーワードゲンゲ(海水魚)ナガヅカ(長柄)ダイナンギンポネズミギンポオキカズナギムシャギンポウナギガジアキギンポゴマギンポムスジガジフサギンポカズナギ大灘銀宝田植数鰻田植我侍ギンポ総銀宝長柄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android